施設のチェックポイントはスタッフの数

私が体験した認知症を受入れ可能な介護施設はスタッフの入れ替わりが激しく、その数も十分でないということが少なくありませんでした。

介護施設というのは重労働ですし、スタッフの入れ替わりが激しいということも理解することができます。しかし、それは利用者の安全に直結することなので、スタッフの数は十分であることが必須なのです。そのため施設を見学する時には、スタッフの数にも注目をして見学をすることが大切です。

実体験では、スタッフの数が少ない時には、認知症の方の転倒がすごく増えたことがあります。転倒してもけがなどがない時にはいいのですが、運悪く骨折をしてしまう場合もあります。

年齢によっては、骨折をしてもすぐに手術ができることもありますが、持病や年齢によっては手術をすることができない場合もあります。そんな時は、骨折が原因で寝たきりになってしまう場合があるのですね。

そのため認知症の施設では転倒をしない、骨折をさせないということが大きな目標になります。そのことを踏まえてスタッフ人数が十分であるところを選ぶとよいのです。