認知症の人のための施設の活用

認知症になってしまった親を在宅で介護するのは本当に大変であり、神経をすり減らしてしまいます。自由が奪われ、なにをするかわからない、自分のこともよくわかってくれない、心無い厳しい言葉を平気で発することは少なくありません。認知症の家族がいることで、今ある家庭が崩壊しかねない、そんなストレスを抱えてしまいます。

認知症でも入れる老人ホームがあり、そうしたところでお世話をしてもらうのはやむを得ないかもしれません。受け入れてくれるそうした施設があります。認知症の程度にもよりますが、まずはグループホームを検討できます。認知症老人共同生活介護であり、数人のグループになって、家庭的な雰囲気の中で暮らし、認知症の進行を遅らせるように介護をしてくれます。

一方で介護が必要になる認知症の場合には、介護付きの有料老人ホームという選択になってくるケースが多いです。こうした有料老人ホームでは認知症への取り組みが盛んで、勉強会を開催したりしています。