設備によっては徘徊癖があっても安心

認知症の祖母の老人ホームを探したことがあります。
介護度が重い場合は特別養護老人ホームに申し込めますが、待ちが長かったり、介護度の低い場合は申込み資格もない場合が多いです。その場合、次の選択肢は有料老人ホームかグループホームになります。
ほどんとのホームで認知症受け入れ可になっていますが、制限があるところもありました。他害、自傷がないこと、徘徊癖がないことなど施設によって様々です。
祖母の場合、1人暮らしをしていたときは、バスに乗って出かけてしまい帰ってこられなくなるなどということがありました。やたらと出歩いていたので徘徊癖と言えるかもしれません。入居相談でそのことを確認した時、施設はオートロックになっているし、勝手に外に出てしまうようなことはないので大丈夫です…と言っていただけました。一方で一般の住宅を改装しているグループホームでは、「出て行ってしまうようなことがあると責任問題になるので受け入れは難しい」と言われました。
オートロック設備があるところだと、徘徊癖があっても受け入れてもらえるようです。
入居を考えているご家族の参考になると幸いです。