やっぱりケアマネが頼り

最近は、介護施設が充実してきているので、自分で探してみるとさまざまなものを見つけることができます。しかし認知症の人が一体どの施設に入ることができるのか?それは自分だけで理解することができません。


そんな時に頼りになるのがケアマネージャーさんでした。ケアマネージャーさんというのは、介護保険を利用するときに欠かせないキーパーソンです。さまざまな介護保険の相談に乗ってくれるし、主治医よりも介護保険についてはよく知っている存在。そのため、認知症の人が入れる施設はどこにあるのか?ということをすぐに教えてくれるのですね。

また、その入居申し込みもケアマネージャーさんが行ってくれます。ケアマネージャーさんが行ってくれることで、直接申し込みをする必要がありません。記入漏れなどの心配もありませんし、何でもケアマネージャーさんを通すと安心という気がしましたね。認知症の人が入ることができる施設を探す時にはやっぱりケアマネージャーさんを頼ると一番いいと思いました。