ケアマネの紹介で老人ホームに入る事に

私の母親は、老人ホームに入る事になりました。どうやって老人ホームを見つけたかと言うと、ケアマネージャーです。


きっかけは1月の脳出血でした。浴室で母親が脳出血で倒れてしまい、ここ2ヶ月ほど入院していたのです。つい最近退院して、要介護5であると判定されました。

介護ベッドの画像


母親は一旦自宅に帰ってきたのですが、家族が自力で介護するのも難しいと判断しました。幸いにも自宅にケアマネージャーが来てくれて、老人ホームを紹介してくれました。実際自宅での介護は難しい状況でしたし、ケアマネージャーが知っている老人ホームを下見して、そこに入所することが決定しています。


ちなみに母親は、やや重度の認知症になっている事だけは間違いありません。かなり認識能力が衰えていて、こちらの話も十分伝わらないのです。ケアマネージャーとしては、状況は少々深刻であると判断して、認知症でも問題ない老人ホームを紹介する事にしたのでしょう。


今後は費用はかかると見込まれますが、母親が老人ホームに入居する方が、かえって安心です。紹介してくれたケアマネージャーには、感謝しています。