認知症患者の施設の選び方

認知症患者を抱えているご家族の負担はとても大変だと聞きます。

地域によっては「患者を抱える家族の会」のような集まりもあり、介護をしている方の励みになっているようです。家にいて一人でお世話されている方は誰にも相談できない、兄弟姉妹も協力してくれないといったことに加え、いつ何をするかわからないといったことからそれを考える余裕すらないという方も多いのです。

家族の会などでは、実際に介護にあたる方が参加され、その中には「経験者」として参加されている方もいます。

そのような場は介護にあたられる方の精神面にも良く、老人ホーム選びについての知識を得る場でもあります。

認知症患者の老人ホームの多くが、病気の進行を遅らせることが目的となっていますので、共同生活をしながら可能な限り、今持っている機能を生かす生活をしてもらいます。

老人ホームのタイプとしては、グループホーム、軽費老人など、半自立をした生活ができる、比較的症状が軽い方向けから、介護が必要な方には介護付き施設、医療が必要な方だと「介護療養型医療施設」というふうに分かれてきます。

「介護療養型医療施設」は、ほかの病気を併発している方に向いており、常に専門の看護や医療処置が必要な方が対象になります。