老人ホームで安心して暮らす

家族でも大変なのに老人ホームで大丈夫か?

大切なご家族なら不安はあるでしょうが、「共倒れ」になってはいけませんし、本人の尊厳を支えるための自立と考えれば、病気の進行を遅くしてあげる方がよいと思います。

認知症を受け入れている老人ホームの場合、症状が軽いと集団で生活をするとこで良いことがあります。

例えば軽費老人ホームのBタイプだと、ご自分で調理が可能だったりしますし、職員は常にいますので安心です。介護のプロですので、ご家庭では上手くいかなかったこともすんなりできたりするようです。毎日顔を突き合わせ、他にもやることが山積みのご家族だと、イライラ感もあるでしょうし、できないことは本人に代わってやってしまうということもでてきますね。

グループホームなら認知症患者に合わせ、病気の進行を遅くするような生活スタイルが作られており、記憶力を刺激するようなレクリエーションや勉強なども取り入れているようです。

これならご家族としても安心です。

気になってくる部分に、「重症化」というものがありますが、医療が必要であれば医療介護施設と呼ばれるところもあります。デイケアにも重症患者さんを対象にした施設もあるようですので、そちらから老人ホームの情報を得られても良いかと思います。