継続入所できるホーム

老人ホーム選びで問題点となるのが、元気なときから介護が必要になったときも継続して入所できるかということです。

どういうことかというと、自立した生活が行える方専用の「自立型」あるいは、「健康型」という施設に入所すると、いざ介護が必要になったときに同じところでそれが受けられるかというと、全てがそうではないのです。

しかし、居宅サービスといって、外部の介護サービスを利用できるところもあります。

認知症の場合、グループホームに入所し、病気の進行を遅らせることができても、本格的に身体介護が必要になったときにはそこを出なければなりません。

認知症の入居者に手をそえるヘルパーの画像


ただ一ついえることは、この病気の患者は、全てが高齢者というわけではなく、進行を遅らせるために介護施設への通所や、老人ホームでも自炊ができる場所といった、「忘れていく」を防ぐために考えることが多いのです。ですので、継続して入所できるところというのはかなり少なくなっていますし、共同生活が著しく難しくなったときには退所せざるを得なくなるのです。

地域密着型の老人ホームだと、認知症を専門にしているところが多くあるようですので、公的施設や病院で相談していきながら選んでいくことが良いでしょう。