入居可能な老人ホーム

認知症の方が入れる老人ホームは少ないと聞きます。

症状が比較的軽い方なら、「グループホーム」がお勧めなようで、同じ仲間と一緒に生活をすることで進行も防げるようです。日常生活に必要な動作を忘れさせないためにも、「やってあげる」というのが良くないのです。ただし、グループホームの場合、身体的な介護が必要になったときにはホームを退所することになりますので、再び入所できるところを探さなければなりません。

さて、認知症の方を受け入れる老人ホームが少ない中で、受け入れているホームのタイプは、住宅型や介護付きになります。認知症として診断されていると、いくら体は元気だとしても、健康型の老人ホームへは入れません。ここは自立して生活が行える方が対象となっています。つまり、介護が必要でない方しか入れないということになります。

ご家庭での介護に限界を感じ、介護付き施設を探すとしても入所する際にはある程度まとまったお金を準備しなければなりません。国からお金が出ているので「安い」といって「特別養護老人ホーム」を希望したいでしょうが、こちらは介護の優先度によって入所者が決められますので、なかなか入ることができないのが現状となっています。