どんな種類があるのか?

認知症でも入れる老人ホームには、幾つかの種類があります。一番、一般的なのがグループホームかもしれません。これは、認知症対応型共同生活介護という名前が付いています。

この名前からも分かるように、認知症の高齢者が共同生活をする施設の事を表わしています。認知症であっても、症状が軽度である程度身の回りの事をする事が出来る方が対象です。今までの自宅に似たような環境で、家事や買い物を行いながら生活していきます。

もちろん、ヘルパーさんが常駐しているので安全は保障されています。また介護保険も適用されるので、費用面での負担も比較的軽くなります。地域密着型なので、住み慣れた街で安心して暮らしていけるのも嬉しいですよね。

認知症でも入れる老人ホームの種類として、介護老人保健施設といった所もあります。ここは、介護だけでなく、医療的な処置もしてくれる施設です。認知症と持病を持ち合わせている方には、特にお勧めです。病気が悪化しても退去を迫られる事は少ないようです。入居は、医療処置が必要な方が優先となっています。

病気ゆえに入居を断られた経験がある方は、介護老人保健施設を利用する事を考える事もできます。金額は少し高くなりますが、安心して過ごす事が出来るのは嬉しいですよね。